2021-10

スポンサーリンク
星組

星組『王家に捧ぐ歌』『ザ・ジェントル・ライアー』振分け発表【アムネリスは有沙瞳?】

星組別箱公演『王家に捧ぐ歌』『ザ・ジェントル・ライアー』の振分けが発表されました。前作『ロミオとジュリエット』にて乳母役を好演された有沙瞳さんは『王家に捧ぐ歌』に出演されます。アムネリス役になってほしいと期待しています。
雑記

宝塚歌劇若手5名ダイキンCMキャラクター起用【万博アンバサダーメンバーと同じ】

ダイキン「うるさらx」のCMキャラクターに宝塚歌劇団から5名の男役さんが起用されました。月組・風間柚乃さん、花組・聖乃あすかさん、星組・極美慎さん、雪組・縣千、宙組・風間日向さんが選ばれました。CMは10月22日から放映されます。
雑記

【望海風斗ロスかも】次の御贔屓について考えてみた【宝塚歌劇ライフを楽しむために】

10月19日は望海風斗さんのお誕生日でした。望海さん退団後、特別御贔屓がいない私は宝塚ライフに張りがないので、今後御贔屓になりそうなスターさんについて改めて考えてみました。
雑記

【宝塚歌劇】11時貸切公演コロナ禍での観劇マナー悪すぎ【もう観に行かない】

以前、某企業の11時の貸切公演で宝塚歌劇を観劇しました。そこであまりのマナーの悪さに驚愕したので、そこでの実体験を書きます。
星組

星組『モアー・ダンディズム!』感想【ラ・パッションは上がる】

今回は星組『モアー・ダンディズム』の観劇感想です。今作は1995年花組・真矢みきさん主演の『ダンディズム!』、2006年星組・湖月わたるさん主演の『ネオ・ダンディズム!』に続く第三弾です。いつも激しく歌って踊る礼真琴さんと舞空瞳さんですが、今回はしっとり系が多かった印象です。
星組

宝塚『柳生忍法帖』感想【私には全く刺さらなかった、、、】

宝塚星組公演『柳生忍法帖』の観劇感想です。山田風太郎の小説を原作とした今作。超大作を約1時間半の舞台にまとめるというのはかなり難しいことだと感じたましたが、その中でもトップスターの礼真琴さんのお姿はとても素敵でした。
月組

宝塚『今夜、ロマンス劇場で』ポスター画像公開【ビジュアルで正直感じたこと】

次回月組公演『今夜、ロマンス劇場で』のポスター画像が公開されました。新月組トップコンビの、月城かなとさんと海乃美月さんの大劇場お披露目公演となります。シンプルですがとても素敵なポスターだと思います。公演がとても楽しみになりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました